銀行でのカードローン審査

審査を無事にパスした時のみ、銀行のカードローン融資を受けられます。
カードローンの審査には、申込者の年収、借金の有無や家族構成などを審査してから貸付可能限度額を決める手続きの事です。
また、銀行カードローンを申し込む時には、免許証や健康保険証などの身分証明書類が必要です。安定した収入があることや定職についていることを証明するため、源泉徴収票や給与明細も用意します。
書類一式を揃えて提出すれば、あとは審査結果を待つばかりです。審査では、まず実在を確認するために申込み欄に書かれている電話番号に実際に電話をします。
在籍確認では勤務先や、携帯電話を除いた固定電話に電話をします。住居確認、勤務先確認のための電話で、申込み内容に誤りや虚偽がないことを調べているのです。この時会社や家族に銀行でのカードローンを知られたくない場合には、匿名での確認をお願いすることもできるようです。
提出書類や確認内容が総合的に審査され、カードローンの審査が通過してはじめて銀行のカードローンカードで借入が出来るようになります。銀行カードローンの利点に、銀行口座のカードでカードローンもできるという点があり、カード管理に際して混乱する心配がなくなります。
銀行によっては、振り込みや時間外にかかるお金を割り引きしてくれるところもあります。私個人的にはじぶん銀行のローンを愛用しています。
銀行カードローンの場合、いつも使っている銀行や給与口座としている銀行であればカードローン時に便宜が図られることもあるようです。