銀行カードローンとは

銀行が取り扱うカードローン商品もあります。銀行カードローンと呼ばれており、銀行でもカードローン融資が行われています。
カードローンとは一般的には金融機関が個人に対して行う、現金自動支払機と呼ばれるATMによる小口金融を指します。とはいえ、カードローンという言葉にはっきりとした定義が決まっているわけではありません。
消費者金融会社や銀行の行う個人融資は、カードローンの他にはキャッシングローン、あるいはローンともいいます。つまり、銀行カードローンという単語は、カードローンの融資元が銀行であることを示しています。
提携先貸金業者が保障会社になっている事が通常です。実質年率は他のカードローンよりも低めに設定されているのが特徴で、融資枠も大きめなのが魅力です。
また、銀行カードローンは提携ATMやCDの数が多く、そのため借入も返済も簡単にできるという特色があります。
ただし、銀行系カードローンを利用する時の注意点は、融資の利用枠や年率の見直しはほとんどされないこと、審査に時間がかかり基準も厳しいことが多いことなどです。銀行カードローン以外のカードローン会社には、信販会社の行っている信販系カードローンや、消費者金融会社の消費者金融系カードローンがあります。
銀行カードローンが向いているのは、ある程度の高額の融資を希望しており、なおかつ融資まで待機期間があっても構わないという方といえます。
人によっては、銀行からの融資であれば信頼できるから、という理由で銀行系カードローンを利用しているようです。